歴史 | オナクラやホテヘルといった風俗で楽しく遊ぶュジアギ

歴史

風俗店とは、元々はカラオケ、麻雀、ゲームセンター、パチンコ店のようなお店をまとめて指している言葉でしたが、現在では風俗=性的なサービスをするお店と言うイメージになっています。
これは性的なサービスを売りにしている場所であり、デリヘルやホテヘルのように店舗外でサービスを提供する物と、箱ヘルやソープのように店舗を持った状態で営業している所とがあります。
現在では、法的な規制強化によって店舗型のお店が減少している傾向にあります。

元々風俗店の始まりは江戸時代にあった遊郭が元となっていると言われています。
当時から制限された地域に存在している物であり、戦後は赤線地帯と言う物が登場する事になりました。
赤線地帯とは、国が公式に売春を認めていた地域の事であり、戦後の混乱から借金を抱え身売りされてしまう事を防止する目的で作られた場所です。
法規制によって赤線地帯は消滅し、日本で売春行為を行うのはお互いに合意であっても犯罪と見なされるようになりました。
これは風俗店でも同様で、本番行為と言われる事は禁止されています。
嬢と客が単体で取引していた場合でも、店側は場所提供と言う罪になり淘汰されてしまう為に、店側も絶対に本番行為はしないように厳重に注意するようになっています。

風俗店と言えば女性が男性にサービスを提供するのが定番となっていました。
しかし、今では様々な性癖に答えられるように、そして規制が厳しくなった風俗業界が生き残れるようにと様々な需要に答えた風俗店が登場しています。
同性愛者向けのレズ、ゲイ用ヘルスや、M男性向けのSMクラブ、素人女性に自分のオナニーを見ていて貰う事が出来るオナクラもあります。
何らかの設定をつけて楽しめるイメクラも現存しています。
中には高級ダッチワイフをレンタル出来るようなお店も登場しています。